ボディメイクとダイエットではアプローチが全く違います

2022年6月27日リライト

人は誰もが、
ただ痩せるのではなく身体の線を
きれいにしたいと思います。

もちろん、
当サロンに来られる方も例外では
ありません。

しかしほとんどの人が
間違った知識を持っています。

その最たる例が
筋トレをすれば痩せる
です。

今回の記事では、
ボディメイクとダイエットについて
そのアプローチの違いをお伝えします。

ボディメイクとダイエットはアプローチが違う

そもそも
ダイエット=脂肪を落とすことと
ボディメイク=筋肉を引き締めること
は違います。

画像はイメージ(写真ACより)

つまり筋トレをすれば痩せる
と思いこんでいる人が多いのです。

確かに基礎代謝が増えれば、
脂肪を燃やす量は増えます。

しかし筋トレで燃えているエネルギーは
筋肉や肝臓に蓄えているグリコーゲンを
エネルギーとして使っています。

つまり
筋トレでは脂肪は使ってないので
燃えてないのです。

脂肪を燃やすことができるのは、
唯一「ケトン体回路」を回すこと
です。

人間の身体には
エネルギーの転換の順番があります。
大きく3つあります。

先ず最初に糖を使い
次に筋肉と肝臓に蓄えたグリコーゲン

それを使い切った後に
やっとこさケトン体回路が回り、
脂肪がエネルギーに転換されます。

つまり、
脂肪を燃やしたいなら、
ケトン体回路を回すことなのです。

ケトン体回路を回すには、
糖を早く使い切らなければなりません。

要は糖質を取らないことが
糖を早く使い切ることになります。

逆を言えば口から糖を摂取し続ければ、
いつまでたっても脂肪をエネルギーに
換える ケトン体回路は回りません。

筋トレの最大の目的

では
なぜ筋トレをやるのでしょうか?

筋トレの最大の目的は
身体のラインをきれいにすることです。
脂肪を落とすことは二の次と考えてください。

画像はイメージ(写真ACより)

加えて言えば、
筋肉を作る食事と体重を落とすための食事
は全く違います。

皆さんもご存知の通り、
筋肉を作るためにはタンパク質が必要です。

しかしダイエットのときは、
タンパク質は適量にしないと太ります。
つまり食べ過ぎはNGなのです。

そう考えると
プロテインダイエットはダイエットに
向かないことがわかるでしょう。

プロテインは筋トレを競技でしている人や
筋トレを毎日している方には有効です。

しかし普通の食事をしている人は
控えるほうが賢明だと私は思います。

筋肉を1kg増やすのはとても大変で、
普通の人なら必死で筋トレを1ヶ月
毎日やってつくものです。

体力がない人なら3ヶ月はかかるでしょう。

一方で、脂肪を5kg落とすことは
正しい痩せる食事をすれば、
誰でも簡単にできます

糖質制限についてはこちらの記事をご覧ください

脂肪を落としてから筋肉をつける

だからこそ、
当サロンでは脂肪を落としてから、
筋肉を付けることを推奨しています。

そのほうが遥かに効率的ですから。

また痩せる運動と筋肉をつける運動では
やる運動も違ってきます。

脂肪を落とすなら、
筋トレよりも有酸素運動です。

ただ、有酸素運動の消費カロリーって
案外少ないのです。

60kgの人が60分歩いて約200kcal
ちなみにご飯1杯(150g)240kcal
です。

画像はイメージ(写真ACより)

食事を制限することが効率がいい
と思えてきたでしょう。

某有名なダイエットジムは、
いかにも筋トレで痩せているように
見せていますが食事制限していますよ。

急激に痩せると
たるむかコケると言われていますが、
当サロンのお客様はほとんどありません。

当サロンのお客様たちは口を揃えて、
「たくわさんのハンドトリートメントのおかげ」
だと仰ってくれます。

だから、
当サロンのお客様たちは目標を達成した後も、
メンテナンスのために通い続けてくれます。

情報弱者になっていませんか?
自分の都合の良いところだけ見ていませんか?

女性らしいボディラインを作る

当サロンのボディメイクは、
腹筋が割れムッキムキの筋肉
を作ることではありません。

例えて言うなら、
女性らしい体のLINENを作るために、
健康的な美筋肉を付けるための
トレーニングをします。

そのためのトレーニングとして、
ストレッチが多めです。

ただダイエットするだけではなく、
美しい体のラインを手に入れませんか?

ボディメイクをするなら…

Asian Fieldの予約はLINEがお勧め

現在大変たくさんのお客様にお申し込み頂いている為、ご予約は2ヶ月待ちとなっております。
本気で痩せたいと思っている方にたくわは全力でサポートします!だからこそ、あなたの本気でお申し込み下さい。

LINEで繋がっていただき、ご予約をしていただくことをお勧めします。
※LINE検索IDは、@asian-field です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です